So-net無料ブログ作成

貞子3D2 ネタバレ スマ4Dとは?

スポンサーリンク




貞子3D2 ネタバレ スマ4Dとは?


なにかと話題の貞子3D2ですが、

今回は映画史上初の試みで話題を呼んでいるみたいですね。

その試みとは…今までの常識をくつがえします笑


feature130826_sadako_main.jpg


普通、映画館内では携帯電話の電源を切るのがマナーですよね。

でもこの貞子3D2ではなんと…


ここからはネタバレになりますが、スマ4Dといって

「スマホの専用アプリを起動させたままスマホアプリと連動させて映画鑑賞をする」

という今までにない形の作品に仕上がってるみたいです!



最初、スマホを使うと聞いたときは

「主役の瀧本美織ちゃんの画像をダウンロードできるのか?」

「貞子役の女優さんの正体がわかるとか?」

「もしかして小説仕立てで、効果音以外はスマホで文字流れるんじゃ…」

なんて憶測をしてみたのですが、

どうやらそうではないようですw

その正体とは…



3D映画ですので当然3Dメガネを受け取ります。

そこは普通の3D映画と一緒ですね。

そして映画館内に入るのですが、

なんとスマホはつけっぱなし。

それどころか、事前DLしておいた『貞子3D2』アプリを起動して!

との映像が流れます。

ここで怖かろうが震えようが言うとおりにアプリを起動しないと

進まないのでアプリを起動。

すると………

まずあることが起こります。

ここはネタがバレると怖さ半減しちゃうので省略。

ただひとつだけ…スマホのサウンドもオンにしといてくださいww



映画本編が始まってもスマホ演出はまだまだ続きます。

3Dとはいえ、スクリーンは遠いので

普通は怖い映画でも客観的に観れますが…

貞子3D2はそうもいきませんよww

この映画が終わる頃には自分のスマホを扱うのが

怖くなってるかもしれない…という仕掛けが待ち構えていますw

あとは映画館に行ってご自身でお確かめください。


勇気があるのなら………。


角川映画 宣伝部 公式予告映像(YOUTUBE)


あらすじ(Yahoo!映画より引用)

娘の凪を生んだ後、鮎川茜は死亡し、安藤孝則(瀬戸康史)は妹の楓子(瀧本美織)に娘を託して身を潜める。世間では謎の死亡事件が頻発し、捜査が進むうちにそれが5年前の「呪いの動画」事件に関係することが明らかに。やがて楓子はそれらの死が凪の周辺で起きていることに気付き、過去の事件を調べ始めるのだが……。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。