So-net無料ブログ作成

安堂ロイド 1話 感想 ネタバレ

安堂ロイド 1話 感想 ネタバレ


とうとう『半沢直樹』の後枠、
『安堂ロイド』がスタートしましたね!

000.jpg

1話は私的にはイイ意味で予想を裏切られました…


安堂ロイドの前評判を書いたブログはたくさんありましたが、
どこのブログでもツッコミ入れていた場面があったんですよ。


ロイドの登場シーンですね。
公式どおり机からの登場だったのですが、
その言葉だけを見ると
「まるで○○エもんの登場シーン!w」
と、コミカルなイメージを沸かせていたのですが…


いざふたを開けてみると上記のようなギャグ的な登場ではなく
CGを駆使した近未来的、SFっぽい登場シーンでした!


その他のシーンも私の予想とは大違い。
ラブコメみたいなものを想像していたのですが
ハラハラさせるアクションにシリアスなシーン、
どちらかと言えばサスペンス的な作りになっており
1話から、最後まで目が離せないままの展開。


今までのところ以前キムタクが主演で話題になった
『HERO』よりもシリアスかもしれません。


アクションシーンもCGを駆使しており迫力もあるドラマに仕上がっていました。
唯一緩んだところといえばサプリ(本田翼)の出演シーンでしたね。


サプリも机からの登場でしたが、
ロイドが出てきた装飾が施されたシックな木製の机ではなく
女の子の部屋に置いてある鏡台の引き出しから登場!
そしてアンドロイドらしからぬナース服での登場でした笑


予告もシリアスな展開で終わりましたが…
2話以降もコミカルな物ではなくサスペンス調な展開で進むんでしょうかね。


ウン、来週も観なきゃ!

[速報]ドラゴンクエストシリーズ 2013冬 スマホ版登場!(公式発表)

ドラゴンクエストシリーズI~VIIIが2013冬にスマホ版で登場することが公式発表されました!

dorakuesp.jpg

今オンラインゲームで話題中の話題で沸騰のドラゴンクエストXが
ドコモの「dゲーム」で配信との発表からまだ熱も冷めやらぬ中の発表です。
これは予想外でした…


今までスマホでは早くからファイナルファンタジーシリーズが
販売されるもドラクエにおいてはツールのみという配信状況で
本編の移植を心待ち、半ば諦めていた方もいるんじゃないでしょうか?
私もそうですが笑


2012年にドラゴンクエストX Wii版 オンラインがサービス開始、
2013年9月には同Windows版のサービスも開始。
スペシャルパックにおいてはどのショップでも予約殺到、
早くから品切れ状態で価格が高騰していましたが
売れに売れてスクエニが元気を取り戻してきたようです笑


しかも多くの人が待ちに待ったドラクエシリーズのスマホ版
という形でのサプライズ。
公式での詳細はまだ発表されていませんが
これは期待大です…!

ドラクエシリーズ スマホ版公式HP

問題はどのくらいの価格で配信されるかですね~。
FINAL FANTASYのスマホ版シリーズが高いシリーズで1.800円ですので
ドラクエシリーズが同じ価格程度で配信されるんではないですかねー
という勝手な予想をしてみたりしています笑


しかし、ドラクエXIIIがスマホで遊べるようになるとは…笑

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。