So-net無料ブログ作成

ネスレが「インスタント」→「レギュラーソリュブル」に変更。その意味は?

スポンサーリンク




「インスタントコーヒー」といえば『ネスレ』。

その『ネスレ』が9月から「インスタントコーヒー」を

「レギュラーソリュブルコーヒー」と改名するらしい。

長くて舌を噛みそうな名前だがどういう意味だろう?


images.jpg


「レギュラー」は日本でも普通に使われている言葉だが

「ソリュブル」という言葉は初めて聞いたので

ネットで調べてみたところ「溶ける」という意味らしい。



調べてる過程で色々面白い事実が出てきたので書いておくと、

元々インスタントコーヒーとは日本人が発明したらしく、

コーヒー液を真空蒸発缶内で噴霧乾燥させた粉末状にしたもので

1901年にアメリカで発売されたもの。

その時に「ソリュブルコーヒー」と名付けられたらしいが、

それをその後、アメリカ人が別の方法でつくって特許をとり

「インスタントコーヒー」と名付けられ今に至る。



つまり、「インスタントコーヒー」より先に

「ソリュブルコーヒー」という言葉があったということだ。



そしてネスレは今までの商品の品質にこだわり、

新たな独自製法でコーヒー豆本来のコクとうまみを

一段と引き出すことに成功、

「もはやインスタントコーヒーではない」と宣言し

新たに「レギュラーソリュブルコーヒー」という

呼び名でイメージアップを図る戦略。

「ネスカフェ ゴールドブレンド90グラム」を9月1日に発売する。



元々手軽という意味でインスタント派な私としては大歓迎。

インスタントは、封を開けた瞬間はいい香りがするが

その後は…

もし、あの香りを最後まで継続でき、

味も淹れたコーヒーの様になるのなら

舌を噛んででも「レギュラーソリュブル」という名を

言えるようになろうと思うがどうだろうか?

9月1日、発売日に買いに行ってじっくり味わってみようと思う。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。